湊川神社の「嗚呼忠臣楠子之墓」を訪ね幕末に勤皇志士たちの精神的支柱となった楠木正成を想う

画像
上掲の写真は 湊川神社(神戸市中央区)の境内にある楠木正成の墓で 徳川光圀の筆による「嗚呼君臣楠子之墓」という碑文が刻まれています。

この場所は 後醍醐天皇による建武の新政の崩壊と足利尊氏による足利幕府の成立を決定づけた湊川の戦い(1336年)が行われた地で この戦いに敗れた楠木正成は この地で自害し 南北朝時代が始まっています。

楠木正成が殉節したこの地には 正成を慕う人たちにより塚が造られたものの 長らく荒廃したままでした。 その後 水戸学者らによって 楠木正成を理想の勤皇家として見直すようになり 1692年 徳川光圀は この場所に立派な墓を建立し「嗚呼忠臣楠子之墓」の碑を立てています。

楠木正成の功績を大いに称えたこの墓碑建立は 幕末から維新にかけて勤王思想の発展を助長し 明治維新への精神的支柱となり 頼山陽・吉田松陰・三条実美・坂本龍馬・高杉晋作・西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允・伊藤博文など 多くの志士たちが墓前にぬかづいて至誠を誓い、国事に奔走しています。

湊川神社が創建されたのは 楠木正成が湊川の戦い(1336年)にて殉節してから536年後の明治5年(1872年)であり 後醍醐天皇の建武の新政(1333年)から明治維新(1868年)の王政復古まで続いた封建的な幕藩体制と明治維新から今日まで性格を変えながらも続く日本の皇室制度を想いました。
画像

楠木正成墓

画像

徳川光圀像

画像

湊川神社表門

画像

湊川神社表門

画像

社殿

画像

社殿

画像

社殿への参道

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック