北前船で栄えた富山市東岩瀬町の廻船問屋「森家」を見学する

kitamae1.JPG富山駅北口から路面電車・ライトレールに乗り 富山湾に面した北前船廻船問屋・森家(富山市東岩瀬町)を訪ねました。 岩瀬は江戸から明治にかけて 北前船の寄港地として発展した町で 明治11年(1878年)に創建された廻船問屋「森家」は 町屋の代表として当時のたたずまいを残しています。

上掲の写真は 森家に展示されている北前船の模型です。 北前船とは 江戸時代から明治時代にかけて日本海海運で活躍した買積み廻船で 商品を預かって運送をするのではなく 航行する船主自体が商品を買い、それを売買することで利益を挙げるもので 当初は近江商人が主導権を握っていましたが、後に船主が主体となって貿易を行うようになり 富山の廻船問屋「森家」は 北海道と大阪の間をさかんに交易して財を成した北前船主の建てた町屋の一つです。

富山から北前船で運んだのは 米や肥料が中心で 北海道から昆布やニシン 大阪から酒・塩・雑貨などを持ち帰っていました。 北前船は往復して儲かるので「ノコギリ商売」と言われたそうです。

森家の大広間を見学中に 額に入れられた大原総一郎の写真が目に止まりました。 倉敷に繊維会社(倉敷レーヨン)と大原美術館を創設した大原総一郎の写真が何故あるのか不思議に思ったので 受付の方に聞いたところ 東岩瀬にはかつて倉敷レーヨンの工場があり 昭和25年(1950年)に大原総一郎が森家を宿舎「晏山寮」として買い取り その後 富山市に寄贈したとのことでした。

「北前船」や「廻船問屋」については 何となく知っていましたが 今回 富山湾に面した北前船廻船問屋「森家」を見学し 北前船が栄えた頃について 理解を深めることが出来ました。
kitamae2.JPG
森家の外観

kitamae3.JPG
商談の囲炉裏

kitamae4.JPG
大広間

kitamae5.JPG
大広間

kitamae6.JPG
奥の部屋は茶室

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント