大丸東京が出店している「グラントウキョウノースタワー」ビル18階からの眺め

画像
写真上は 東京駅八重洲口にある地上43階(高さ204.9m)のビル「グラントウキョウノースタワー」です。 2007年10月に完成し 地上13階までが大丸東京 地上14から上はオフィスとなっています。

グラントウキョウノースタワーの建築主は 東日本旅客鉄道(株)、三井不動産(株)、国際観光会館の3社です。 今後は 鉄道会館ビル(旧大丸東京店)を取り壊し 第II期工事として ノースタワー低層部(大丸)の増築とノースタワーとサウスタワー(ツインタワー)の間に4階建ての歩行者デッキ「グランルーフ」が建設されることになっています。 ツインタワーのあるこの地域は 第II期工事が完了する2013年には Tokyo Station Cityとして 首都東京の新しい国際都市の顔となるそうです。

グラントウキョウノースタワーには大和証券グループが入居しており 大和証券本店主催の為替セミナー「よくわかるグローバル通貨投資」が18階で開催されたので参加しました。 国際通貨の中で円だけがなぜ独歩高なのか 円安に反転する条件や時期をどう考えるべきかについて 「よくわかる」説明をセミナーで期待していましたが 期待外れでした。

セミナー終了後 1階に降りたところ 大丸東京内「ねんりん家」の前でバームクーヘンを買う客が長蛇の列だったので どんな味なのか食べてみたくなり 15分待って3本入り2257円の「マウントバーム」を土産に買いました。

以下の写真は グラントウキョウノースタワー18階から撮った写真です。

画像

JR東京駅八重洲中央出口の前にある外堀通りと八重洲通りの交差地点


画像

外堀通りのビル


画像

外堀通りのビル


画像

左の高層ビルがグラントウキョウサウスタワー。 中央の建物が東京中央郵便局


画像

グラントウキョウノースタワー18階で開催された大和証券本店による為替セミナー


画像

大丸東京新店1階にある「ねんりん家」のバームクーヘン

"大丸東京が出店している「グラントウキョウノースタワー」ビル18階からの眺め" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント