房総半島横断ドライブと袖ケ浦公園で見頃になった梅の花

画像
房総半島の西岸・木更津の少し手前にある袖ケ浦公園の梅が見頃(写真上)というので 2月9日に自宅(浦安)からドライブがてら出かけました。 袖ケ浦公園の梅園には紅梅の夏衣や白梅の内裏など6種類・約140本の梅が植えられており見事でした。

公園には 郷土博物館 江戸時代の農家住宅 展望台 散歩コースなどの施設が充実しており 菜の花 桜 花菖蒲 アジサイなど四季折々の花を楽しむことも出来ます。

梅の花を楽しんだ後は 房総半島西岸の袖ケ浦から笠森観音のある長南町と茂原を抜けて房総半島東岸の九十九里浜まで房総半島中央部を約60km横断しました。 この国道409号線と国道128号線を結ぶ幹線道路は「房総半島横断道路」とも呼ばれ 川崎からならアクアラインを経由して木更津から九十九里浜まで房総半島中央部を一本道で横断できます。沿道の景色がすばらしく見所も多いので 一度ドライブされては如何でしょうか。

笠森観音(笠森寺)の観音堂は 1028年に建立された「四方懸造(しほうかけつくり)」という日本唯一の建築様式で「国宝」となっています。

九十九里浜は 北は刑部岬から南は一宮までの約66km続く海岸線で 静岡の遠州灘に次ぐ岩礁のない長い砂浜だそうです。 九十九里浜では白子町の中里海水浴場で車を止め 太平洋を眺めながら暫くノンビリ(ボンヤリ?)できました。

画像

袖ケ浦公園の梅


画像

袖ケ浦公園の梅


画像

袖ケ浦公園にある江戸時代(1847年)に建てられた上層農家で代官だった旧進藤家住宅


画像

笠森観音(長生郡長生町)


画像

九十九里浜の中里海水浴場


画像

中里海水浴場 


画像

中里海水浴場

"房総半島横断ドライブと袖ケ浦公園で見頃になった梅の花" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント