TBSテレビ番組「サンデーモーニング」が謝罪した佐高信の問題発言とは?

画像
3月15日に放送された関口宏の司会によるTBSテレビ番組「サンデーモーニング」は 「3月8日の放送でコメンテーターの一人から個人名を挙げた十分な根拠に基づかない不適切な発言があった」として謝罪しました。

不適切な発言をしたコメンテーターの名前と発言内容を明らかにしないままTBSが「お詫びする」と言っても何のことなのかサッパリ分からないのでネット情報を調べたところ 評論家・佐高信による次のような発言と分かりました。

(3月8日のTBS「サンデーモーニング」での発言) 

佐高:さっき寺島さん言われた「国策捜査とはいえないと思う
    のだけど・・・」という話ですけれど、竹中、小泉の
    括弧付きの「改革」でNHKならぬMHKという人が
    いろいろな疑惑を囁かれていましたね。Mが村上
    ファンドの村上で、Hがホリエモン、でK、この中で
    Kの疑惑が一番濃かった。
関口:Kというのは誰です?
佐高:木村剛という人です、しかし、この人は捕まらなかった
    わけですね。というとそこに何らかの意図が、つまり
    政府与党に一番近いから捕まらなかったのではないの
    かという風にも見ることができるわけで、やっぱり何か
    意図っていうのが疑われても、あーゼロだという風には
    見えないのです。


佐高信という評論家は 小泉純一郎と竹中平蔵の改革に対して従来から批判的であり 竹中平蔵のブレーン(弟分で手先?)であった木村剛に対しても批判的です。 K(木村剛)の疑惑が一番濃かったという佐高信の発言は 4年ほど前に報道された「日本振興銀行会長である木村剛が情実融資を行ったのでは」という疑惑を指しているようです。

情実融資が事実であったのか私には分かりませんが MHK3人の罪を同等に扱い 一番疑惑の濃かったK(木村剛)のみ逮捕されなかったのは 権力(政府与党・小泉・竹中)に近かったからであり国策捜査の疑いが濃いという佐高信のコメントは乱暴過ぎます。

今回のことで私が解せないのは 佐高信が暴言であったと謝罪するのなら分かりますが 生放送でコメンテーターが無責任な発言をしたことについて なぜテレビ局TBSが謝らなくてはならないのかということです。 小泉・竹中を嫌う佐高信は 前々から「MHKの中で疑惑が一番濃かったKが逮捕されなかったのは権力に一番近かったから」と発言しており 「サンデーモーニング」での今回の発言は日頃の持論を展開しただけであり 本人(佐高信)は失言(暴言)であったとは今でも思っていない筈です。 そのような人をテレビに出演させながら その人の持論が生放送で発言されてしまったのでTBSが誤るというのは 理にかないません。

「国策捜査の疑いが濃い」という佐高信の発言に対し 当然のことながら検察庁は怒っている筈です。 穿った見方をするなら 検察庁の怒りが佐高信だけでなく「サンデーモーニング」とTBSに向けられては困るので 先回りしてTBSは謝罪したのではないでしょうか。

ともあれ 今回の不適切発言により TBSは佐高信を「サンデーモーニング」のコメンテーターから暫らく(永久に?)外すことになりそうです。 サンデーモーニングから外すなら 不適切発言の多い金子勝・慶応大学教授も一緒に外してしてほしいものです。

尚 TBS「サンデーモーニング」の謝罪内容と佐高信氏の問題発言に関するビデオ(YouTube)はブログ記事 ハイロ~のYouSee広場 にて見ることが出来ます。

追記: 佐高信が「サンデーモーニング」に平成20年7月18日に復帰したことについて 別記事 TBSテレビ「サンデーモーニング」に復帰を許された佐高信が「ベロ屋」と呼んだ竹中平蔵と木村剛 を併せてご覧ください。

"TBSテレビ番組「サンデーモーニング」が謝罪した佐高信の問題発言とは?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント