テーマ:老後の生活

定年退職時に1000万円もあれば大丈夫とする津田倫男著「老後に本当はいくら必要か」の珍説

本の黄色い帯(写真上)に「老後にウン千万円必要などという声に騙されるな! 手元に年金の不足分を補う1000万円もあればいい」と書かれているのを書店で見つけ「そんな馬鹿な話はないだろう」と思ったので 津田倫男著「「老後に本当はいくら必要か」(祥伝社新書)をつい買ってしまいました。 著者は「老後に必要なのは年金(公的年金と企業年金)の…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

年利1.26%の社債を新規発行したオリックス(格付A)が3年以内に倒産するリスクは0.28%のみ?

オリックス(株)が総額1000億円の劣後社債(無担保社債)を発行しました。 個人向けが900億円 機関投資家向けが100億円で 内容は 年利(表面金利)1.26%、 償還(満期)3年、今年7月15日までの募集期間というものです。 株式市場が低迷を続けており 国債や定期預金の利率が極めて低水準にある中で 個人資産を少しでも有利(高い…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

公的年金から住民税を天引きする新制度は国内景気を更に悪化させるので愚の骨頂!

私は 退職して公的年金を貰うようになってから 住民税の支払いを銀行口座から自動的に引き落として貰っていますが 浦安市役所から私宛に「今年10月から住民税を公的年金から天引きすることになった」という通知(写真上)が突然に来たので驚きました。 住民税とは、住所地の都道府県と市区町村に納める2つの地方税(私の場合は浦安市民税と千葉県民税…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

「老後の住まい」について取材を受けた内容が週刊朝日MOOKに載りました

週刊朝日から私に「老後の住まい」について取材があったことを過去記事に書きましたが その内容が昨年末に出版された「入居金と月額費用で決まる! 高齢者ホーム」と題する写真上の本(週間朝日MOOK)に載りました。 高齢になった時に 自宅に住み続けるべきか 有料老人ホームなどに住み替えるべきかについて 私を含めた6人にインタビューした内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねんきん特別便と私の年金見込額

ねんきん特別便が私の所にも届いたので その内容と私の年金見込額を確認するために 私の住む浦安市を管轄する市川社会保険事務所(写真上)へ先週木曜に行ってきました。 ねんきん特別便の専用ダイアルに電話しても全く繋がらないので 市川社会保険事務所では長時間待たされるものと覚悟しましたが 朝一番の8:30に行ったところ 全く待たずに相談で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

三菱東京UFJ銀行のセミナー「これからのライフプランと資産運用の考え方」

三菱東京UFJ銀行(写真上は本店)に行き 「これからのライフプランと資産運用の考え方」と題するセミナーを聞いてきました。 前半がライフプラン 後半が分散投資を薦める商品(投資信託など)の説明で 約1時間半 有益?な話を聞かせて貰いました。 私は同様のセミナーをトヨタに在籍していた今から15年ほど前に 伊豆のホテル(ラフォーレ修善寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more